銀行カードローン 金利、消費者金融 金利比較

MENU

銀行カードローン 金利、消費者金融 金利比較の検討

お金が必要になった時に、キャッシングやカードローンでお金を借りるのは非常に便利です。
カードローンには、大きく分けて銀行消費者金融がありますが、いざお金を借りるとなるとどちらで借りるのがいいのか分からない方が多いと思います。

 

銀行と消費者金融のカードローンは、どちらもお金を借りることができるのですが大きな違いが2つあります。
銀行カードローンを検討する前に、まずは銀行と消費者金融の違いについて少し説明します。

 

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは?

2つの大きな違いは2つあります。それは、金利とスピードです。
この2つはお金を借りる上で非常に重要なポイントです。
金利とスピードについて、それぞれ特徴があります。

消費者金融のカードローン
  • 即日融資
  • 土日祝や夜間でもお金を借りることができる
  • 上限金利は約18%と高い
  • 総量規制対象
銀行のカードローン
  • 上限金利は15%前後と低い
  • 総量規制対象外
  • 平日のみ契約可能なところが多い

 

銀行カードローンを検討するポイントは?

銀行カードローン最大のメリットは金利です。銀行の金利はかなり低く、特に少ない金額を借りる場合は4%前後の差があります。金利が低いのは非常に魅力的で、金利だけを考えたら銀行カードローンを選ぶのは一目瞭然なのですが、ここで重要なのは「即日融資」
すぐに借りたい、今すぐお金が必要、という方にとっては銀行カードローンの契約から融資までにかかる時間は非常に長く感じます。
早いところでも3日程度みておいたほうがいいでしょう。土日祝は営業していませんので、長くて4〜5日かかってしまう場合もあります。
消費者金融と銀行カードローンを検討する際の大きなポイントは、

 

スピードを優先するのか、金利を優先するのか

 

という部分でしょう。

 

最近では銀行カードローンでも即日融資に対応しているところもあります。
三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行は土日祝や夜間も契約が可能です。
しかし、やはり審査時間が最短30分などとスピードにおいて消費者金融を上回る銀行カードローンはまだまだ少ないです。
自分の現状によって、どちらを優先するべきか検討する必要があります。

 

銀行カードローンのメリットとデメリットを知って検討する

銀行カードローンを検討するためには、メリットとデメリットの両方を知っておく必要があります。

大きなメリットは2つ

低金利

銀行カードローンは業界内でもとにかく低金利。下限金利4%前後のものから上限金利15%程度が一般的です。
これはクレジットカードや消費者金融の上限金利18%に比べるとかなりの低金利です。

総量規制対象外

銀行は貸金業ではないため、総量規制が適用されません。
総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を貸してはいけない、という法律。
そのため、消費者金融や信販系カードローンは年収の3分の1以上のお金を借りることができません。
銀行では、この法律が適用されないため年収の3分の1以上のお金を借りることが可能です。
また、専業主婦のような自身に収入がない人でも、配偶者に安定した収入があればお金を借りることができるます。

デメリットは?

銀行口座が必要

全てではありませんが、ほとんどの銀行カードローンが契約の際に普通口座を開設することが条件となっています。
銀行カードローンの即日融資が難しいのはこういった理由もあります。

借入れ返済方法が少ない

基本はその銀行との取引になるため、他の銀行の口座からの引落ができないことが多いです。
また、手数料も自分の銀行のみが無料でコンビニATMなどの銀行を利用した場合は手数料がかかることが多いです。
ただし、最近では提携ATMの手数料が全て無料というところも多くなってきました。

 

銀行カードローンを検討する時は借りたい金額にあわせて

銀行カードローンは、借りようと思っている金額によって細かく金利を確認することができます。
金額によって金利の一覧が公式サイトに表記されていますので、まずは自分の借りる予定の金額の金利を確認しましょう。
ただし、借りたい金額を必ず借りられるわけではありませんので、全体の金利を確認することも重要です。

 

また、借りたい金額が自分の年収の3分の1を超える場合は、特に銀行カードローンでも金利をしっかり比較しましょう。
返済金額が多ければ多いほど、返済には時間がかかるものです。
金利は返済期間が長くなればなるほど負担になりますので、高額の融資を希望する場合は少しでも低金利なところと契約しましょう。

 

専業主婦が借りられる銀行カードローンを検討する

銀行カードローンは総量規制対象外のため、専業主婦でもお金を借りることが可能です。
とはいえ、歓迎している銀行はさほど多くはなく、それぞれの銀行カードローンを検討する際にはどのような書類が必要なのか配偶者の収入証明は必要なのかなどの部分を確認する必要があります。

 

配偶者の収入証明が不要な銀行カードローンもある

イオン銀行カードローンBIGなどは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも契約することが可能です。
必要な書類は、本人の身分証明のみで、配偶者の収入証明の提出は必要ありませんし、在籍確認の電話がかかってくることもありません。
旦那に内緒でお金を借りたい人は、旦那の収入証明が必要かどうかを確認し、検討する必要があります。

 

専業主婦は限度額が低い

自身に収入のない専業主婦でも銀行カードローンは契約が可能ですが、やはり利用できる限度額は低め。
10万〜30万円というところが非常に多いです。銀行カードローンを検討する上で、限度額についてはしっかり確認しておきましょう。

 

銀行カードローンを検討する上で重要なポイント

  • 借りたい金額の金利を比較する
  • 銀行口座の有無
  • 契約から融資までの日数
  • 専業主婦の場合、旦那の収入証明が必要かどうか
  • 専業主婦の場合の限度額

銀行カードローンを検討する際のポイントをまとめると上記のようになります。
特に、契約後にトラブルになりがちなのは専業主婦の契約契約までの日数

 

「内緒で借りたかったのに、旦那の会社に在籍確認の連絡がはいった」
「すぐにお金が必要だったのに、借りるまでに1週間以上かかった」

 

このようなことがないよう、まずは契約の際にしっかり銀行に確認するか、公式ホームページで間違いないかどうか確認することが重要です。

 

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローンは、金利年1.7%〜17.8%に金利引下げ!申し込みから借入・返済も全てWEBで行えるので忙しい方にも便利です。また、口座開設不要なので、急にお金が必要なときでもすぐに借りることができて助かります。ご利用限度額300万円以下は所得証明書も原則不要で、限度額は最高800万円!まとまったお金が必要な30〜50代の方に特にオススメです。

また、お急ぎではなく、じっくり検討・計画している方や、借り換えやおまとめなどの借入目的で高額融資を探している方にも十分な限度額。主婦やアルバイト・パートの方よりも、収入のある自営業者やサラリーマン、公務員の方に人気のカードローンです。

実質年率 融資額 審査時間
1.7%〜17.8% 800万円 最短30分
返済方式 必要書類 担保・連帯保証人
残高スライドリボルビング方式

300万円以下は収入証明書不要

不要

 

静岡銀行カードローン「セレカ」

静岡銀行カードローン「セレカ」
静岡銀行カードローン「セレカ」は、銀行ならではの低金利でありながら審査時間も短く、即日融資も可能。急にお金が必要になった方も、長期的に利用したい方も納得できる安心のキャッシングです。

静岡銀行カードローン「セレカ」は、近所に静岡銀行がなくても日本全国対応なので、来店することなくお金を借りることが可能。
インターネットで全て完結できるサービスがあるので、全国のどこにお住まいの方でも契約することができます。

実質年率 融資額 審査時間
4.0%〜14.5% 10万円〜500万円 最短30分
返済方式 必要書類 担保・連帯保証人
前月末日の借り入れ残高金額によって変動

300万円以下は収入証明書不要

不要

 

 

 

脱毛ラボ 箇所
葉酸サプリ 店舗